スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

明神平へ

papaの風邪が長引いたことや、お兄ちゃんの大学受験やらで
少し、遠のいてた山登り

やっと、2月11日(水)明神平に行ってきました
華姉さんはヒート中のためお留守番
華姉さんはpapaの言いつけをよく聞けるおりこうさんです
「今日はお留守番しててね」っていうと、玄関まで見送りに来てくれて
いってしまうと、リビングのソファーでず~~~~っとじっとしてるみたいです
ボク達が帰って来るまでお○っこシートも濡らしてません

もし、これが反対にボクがお留守番なんてことになったら、お部屋中引っ掻き回して
泣き喚いていたと思います、恥ずかしながらボクは耐えられません

さてさて、今年は暖冬で雪ないかと心配したのだけど・・・
        IMG_0897.jpg流石に登山口は少なかった


          IMG_0907.jpg
明神滝付近はこのとおり、かわいい雪達磨さんがお出迎えしてくれました


   IMG_0910.jpg   相変わらずボクは雪の上が楽しくて走り回ってます
 家でお留守番の華姉さんのことなんかすっかり忘れて

      IMG_0927.jpg
山頂はすごい霧で、遊べる状態ではなかったのですが、その分、人影も少なかったのでボクはいっぱい走り回りました  IMG_0936.jpg

mamaたちがお昼に、あったかいホッカイロ包みのおにぎりとラーメン
美味しく食べてる間にボクは黒犬から白犬になっちゃってましたIMG_0919.jpg


 もっと遊びたかったのだけど、早々に引き上げてきました    IMG_0952.jpg

    そして返りは恒例の中荘温泉にゆっくり身をしずめ
    冷えた身体を暖めたpapa&mamaなのでした


  
スポンサーサイト
line

三峰山へ

雪山のシーズンになってきた、ウフォウフォ

          IMG_0748.jpg     IMG_0726.jpg



先週の高見山に続いて、今週は三峰山に行ってきた

2月の「樹氷祭り」で来るツアーの人達はなかったものの、結構人は多かった

回を重ねるごとにいろんな知恵が浮かんでくるもので
先週、発案したこと、
mamaが50mほど先を歩いて、PAPAが後を歩く
この間を華姉さんとボクが行ったりきたりすると言うものでIMG_0752.jpg
  ボク達がmamaの見える範囲まで走ったら「待て!」と止められる
  そしたら、ボク達は直ちにきびすを返して後ろのPAPAのところまで走り帰る
  そしてまた、mamaを追い越し「待て!」と言われるまで猛スピードで走る

   これで何十回、PAPAとmamaの間を行き来したことか

        しんどいと思われるかもしれないけど、ボク達が楽しくて仕方ない
視界に人の姿が入ったら「来い」っと呼び戻されリードを付けられる
   これはボク達の性格上、仕方のないことで、諦めの境地です

  休み休みだったけど、2時間ほどで山頂に着き

   恒例のラーメンタイムIMG_0739.jpg
   まぁ、これを楽しみに頑張って登ってくるPAPA&mamaなのだから仕方ないけど
   ボク達にもちょっと分けてくれてもいいと思うなぁ~~

  もう一つの案
    
    おにぎりホカホカ作戦
         いつも山頂に着いたらおにぎりが凍りかけて冷た~~くなってる

       家で作りたてのおにぎりを保存袋に入れてそれをホッカイロで挟んでおくのです
       それはそれは、温かなおにぎりがいただけますよ
         これはボク達にも分けてくれたPAPA&mamaなのでした

ボクが今日ひとつ褒めてもらったことがあるのだ
 それはPAPAが落っことした片方の手袋を見つけて持ってきたこと
 手袋を見つけてくわえてるボクを見たときは感動したそうだ
 たまにはボクだっていいことやるのだ

       日頃、伊達に靴下くわえて走り回ってるわけじゃないさ


    帰りは《姫石温泉》で疲れを癒したPAPA&mamaでした

      
    



line

雪解けの三峰山

ちょいと過去の記事になりますが記録は残さなければ・・・・
季節はすっかり春、行く道すがらあっちこっちで桜満開、DSC04034.jpg
ついシャッターきっちゃいます。

4月6日(日)
奥宇陀にある三峰山に登りました、雪が解けてからはじめての登頂
やはりアイゼンなしの登山は楽です
ボク達ワンにとっては、全くかわりはないけどね
でも、春の山はまた楽しいぞ~~~DSC04062.jpg


2月の山道ですDSC03693.jpg

2月はすっかり雪に覆われてた木々が姿をあらわし、新芽がいっぱい出てた
また一ヶ月後には山は新緑に姿を変えるのでしょうね、楽しみだ

中途半端な季節なのか登山者は少なく、山頂でもボク達ノーリード
さぁ、山頂でのお楽しみ、お昼ごはんです、mamaのおにぎりとpapaのラーメン
papaはこの楽しみのために重いお水とコンロ&ガスを背負って登ってきたのです
DSC04066.jpg

事件はその時起こった。ラーメンを作るお箸がない
『忘れた~~~~ぁmamaの絶叫がひびく

でも、そこでひるむpapaではなかった、枯れ枝を拾ってきたのです
そうです、お箸の代用品は木の枝でした~~『不便もまた楽し』なんてmamaも居直ってましたDSC04067.jpg
枝がおいしいのか華姉さんがかじる
お世話になった枝です、ありがとうDSC04070.jpg

食後はすっかり誰もいなくなった八丁平でディスク遊び(こんなとこまでディスクもって来る?)
         DSC04084.jpg
DSC04090.jpg

あまり飛ばすと谷底へおっこちゃうよ

季節の移り変わりってすごいなぁって思いました
line

薊岳を目指したのだけど・・・・

2月24日(日)
昨日からの大嵐で今日はどうしようかと思ってたのだけど
朝から雪はちらつくものの風は止んでいたので決行~~~

今週は東吉野の薊岳(アザミダケ)、標高1406mなり~~~、大丈夫だろうか
登山口、駐車場までの道は細く、積雪があり、アイスバーンpapaは喜んでた、けど
一台のマイクロバスが立ち往生し、前にすすめず、1時間ほどロスしてしまったDSC03728.jpg


駐車場からなだらかな、車道のような道(雪がなければ、車が通れそう)をしばらく行く
時々、道は険しくなり凍てついた川を渡らなければならなかった
なかなか、変化にとんだ山道でした、ボクはひょひょいのひょい!
らくらくクリアーだった、」けど、mamaは恐々渡っていた
DSC03735.jpg

そうこうするうちに、太い氷の柱を作った明神滝が姿をあらわし
ボク達は道を間違えたらしく、険しい滝の横を這い蹲りながらよじ登った
ボクはこのときもひょひょいのひょい!!
      DSC03738.jpg

やっとの思い出明神平にたどり着き、お弁当にしようと思ったけど、
ここは大嵐、山小屋の裏に身を潜めようとしたけど、360度風が吹きっさらし、
papaは最悪、遭難するかと思ったと言ってた(あしび山荘という)
            DSC03741.jpg
DSC03742.jpg

これはやっとのおもいで撮ったmamaの撮影、何としてでも1枚は撮って帰らねばと思ったらしい
天候が良ければ、すばらしいところだろうなぁ~~侮るなかれ1400m級の山
薊岳へは、明神平からまだ歩かねばならない、
もうすっかり、意気消沈のpapa&mama
『今日はこの辺にしておいてやろう』ととっとと下山したのでした
少し降りると手のかじかみもほっぺの凍傷寸前の感覚も元に戻り
また、いつものように楽しく下山したのでしたDSC03745.jpg

今日は嵐のせいで相当厳しい状態だったようですね。

また、懲りずにやってきますよ
line

三峰山制覇!

2月17日、今日めざす山は三峰山(みうねやま)という
11日に登った高見山の近く

とても寒いし、時折雪が舞う
目指すはDSC03679.jpg
前方に見える雪山、さぁどんなお山が待っているのか

駐車場に車を止めて、登山道を少し入ると『不動の滝』があって、
少し凍っているDSC03684.jpg


それにも増して架けられた橋の下に川まで届くツララが~~~~DSC03681.jpg

登山者の方に教えていただかなければ、このツララは見過ごしていたと思う

緩やかだけど、九十九折れになった登山道をドンドン登っていくボク達DSC03690.jpg

すっごく真っ白に積もった雪で階段がなくなっちゃってタダタダ上り坂
見通しのよいところではボクは放される、papa&mamaの前方10mまでを何回も行ったりきたり、ボクはすっごくいっぱい歩く、走る
ついに登頂、DSC03694.jpg
山頂は霧で風も強かったけど、一瞬日がさし、下界が望めたDSC03696.jpg

山頂から100m行くと『八丁平』というところがあり、平原が広がっていた
DSC03708.jpg

                  DSC03705.jpg

この境界線の向こうはどうなっているんだろうmamaは怖くて見にいけなかったDSC03710.jpg
雪が激しくなって、下から吹き上げてくるので前を向くことが出来ないくらいだった
なんか本格的な登山って感じだった、リクレイションの金剛山頂とは随分雰囲気が違う
天候が悪くなる前に、早々に下山することにした
帰りは行きと反対側の新道という道をとったDSC03712.jpg
こちらもなだらかな下りでとても楽だった
ボクはドンドン下っていく、今日も楽しい雪満喫の1日だった

帰りはやっぱり高見山のでpapa&mamaは暖まってました
line
プロフィール

hanapama

Author:hanapama
FC2ブログへようこそ!

ボーダーコリー麗のハートフルライフを書き留めています。楽しいこと、大変なこと、いっぱいボクの周りには起こりますよ。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。